研究会紹介

 研究会は、次の3つが開かれており、協会員が熱心に研究活動を行っています。

 

1.企業再生支援研究会

 各分野の専門家や外部団体等からの参加もいただき、企業再生に関わる様々な課題の討議を通じて、コンサルティングスキルの向上を目的とした研究をしています。

 

2.農業研究会

 新潟県農業の振興を図るため、農家視察や調査、意欲ある農業経営体への経営支援を通じて、地域農業の活性化に関する研究をしています。

 

3.事業承継研究会

 事業承継支援における中小企業診断士のコンサルティングスキルの向上と、職域の開拓を目指すことを目的に活動しています。

 

企業再生支援委員会

 企業再生に関わる様々な課題の討議を通じて、コンサルティングスキルの向上を目的としています。

 毎回、数名の研究会員が発表を行い、その内容について質疑応答、意見交換を行います。発表内容は、企業支援活動全般の事例や日頃の会員の研究テーマについてです。いわゆる“企業再生”と呼ばれる支援でなくとも、診断士としての企業支援活動は全て再生に繋がるヒントがある、とのスタンスに立っています。

 プロコン、支援機関、金融機関、一般企業等、研究会員の属性が多様であると、知識だけでなく、着眼点の多様化が図れます。当研究会員以外の会員もオブザーバーとしての参加を勧めています。多くの方々の参加をお待ちしております。

 

農業経営研究会

 農業経営研究会は、新潟県内における「強い農業経営体づくり」の応援を目的に研究を進めています。
 主な研究テーマとしては次のとおりです。

 

1.農業経営の基本知識の習得
  新入会員とともに農業の基本を学習する
2.新潟県における農業経営の現状研究
  新潟県農林水産部の調査に基づいた農業経営の現状研究
3.農業における6次産業化に取組む事例研究
  ①いちご、ぶどう、梨、桃、ブルーベリーの県内有望観光農園
  ②民泊農業体験、農村食事処の運営で生活者の心をつかむ「和み」「癒し」の交流農園
  ③自社生産した素材を使い質の高い加工食品の生産に励む人気農園
4.新潟県内農産物直売所の研究
  ①県内の直売所年間売上高107億円
  ②売上高1億円以上25店舗の発展過程の研究
5.酒造会社と連携して酒米生産に取組む農業生産法人の事例研究
6.農業サポーターの継続的な支援を受けるための農業者側の課題研究
7.農業生産法人の事例に基づく経営診断演習
8.儲かる経営体と儲からない経営体の事例研究
9.未来型農業経営の研究
  ①「コト」「物語」「体験」を尊重する生活者及び実需者ニーズに重点をおいた販売革新の研究
  ②生活者、実需者側から課題を捉え共同して解決を図る「新農業システム」の研究

 

事業承継研究会

 事業承継研究会は、事業承継支援における中小企業診断士のコンサルティングスキルの向上と職域の開拓を目指すことを目的に活動しています。